1. 採用メッセージ
  2. 活躍する先輩たち
  3. 新卒採用
  4. キャリア採用
  5. スタイル
  6. 会社案内

 

 

 

学校では どのようなことを 勉強しましたか?

大学ではアニメーション動画やブロック崩しゲーム制作などを通してプログラミングの基礎や考え方、3DCAD、3Dプリンタを学びました。

卒業研究は、小中学生にプログラミングを教え興味をもってもらうというテーマでした。
自走型ロボットの構造と操作を教える、という内容です。1DCAE(※設計の上流課程からCAE評価を可能にする設計支援ツール)を使い、ブロックを置いたりパラメータを変えることによってどのような変化がロボットに起こるかを示すなど、小中学生に理解しやすくなるよう工夫しました。コマンドやロボットの改良には、夢中になって取り組みましたね。
何もわからなかった小中学生が、自分で考え、自分の力でロボットを走らせることができるようになる。そしてそれを楽しいと感じてくれて感謝してもらえたのは、とても嬉しかったです。

入社後の業務と、 どのような技術力を 身につけてきたかを 教えてください

新入社員研修後は設計部門に配属されました。初めは右も左もわからずとまどいましたね。しかし、社会人になったからにはやらなくては・・・!という気持ちと、先輩方の指導に助けられ、徐々に図面に慣れていきました。
その後解析部門に異動になり、自動車関係の振動解析業務に就きました。

力学、自動車工学の知識がなかったため、必死に勉強をしました。とても苦労しましたが、その分自分で思ったとおりに進めることができたときに、大きな達成感とやりがいを感じることができました。

解析部門は解析するだけではなく、解析結果のまとめも行います。常に「初めて見る人にも内容がわかりやすいように作る」という目標をもって、見やすくわかりやすい資料作成に取り組んでいます。そして、自分でも日々上達していると感じています。
これからも学習を怠らず、わからないことはわかるまで追究し、お客様のニーズに応えられる技術者になれるよう、着実に成長していきたいです。

当社の特性や特徴を どのように とらえていますか?

当社の特長は、学ぶ環境を与えてくれることと、先輩・後輩問わずコミュニケーションの取りやすい社風であることですね。
わたしは入社してから製図や力学を学びましたが、先輩方に実際の図面を見ながら細かく教わりました。外部研修への参加も申請しやすく、技術セミナーなどを通して知識を高めることができます。

またさまざまなメーカと取引きがある当社だからこそ、設計データだけでなく実物の機械を見せていただくチャンスに恵まれることもあり、それはエンジニアにとって強みであると考えています。

5年後・10年後の 目標を 教えてください

周りの方々から信頼され、お客様からもこの人と仕事がしたいと言っていただけるような人物になりたいと思います。そして会社の中心人物となって、富士テクノを引っ張っていきたいです。

夢や目標は、大きく高く持つようにしています。夢があるから頑張れるんだと思います。夢を追いかけるのに、遅いなんてことはありません。このページを読んでいる皆さんも、是非、夢に向かって走ってください。

役職や年齢、仕事内容などは、掲載当時のものになります。

  1. 採用メッセージ
  2. 活躍する先輩たち
  3. 新卒採用
  4. キャリア採用
  5. スタイル
  6. 会社案内