これまでのキャリアを教えてください

もともとは技術とは無縁の仕事をしていましたが、これからの時代は手に職を付けたほうがいいだろうと思い、ものづくりの業界に入りました。
そこで携われたのがモデリング業務です。 念願の仕事に就いても数年仕事を続けると、人間欲が出てきますね。 このままモデリング業務止まりでは嫌だという気持ちが芽生えてきました。
そこで、現場のある企業様で試作から量産までを担当させていただき、設計の知識を得ました。ここでの経験が大きかったです。

もちろん、3DCADで設計はしていましたが、現場に行って加工、カシメ、ベンディングマシンを使用し、板金加工も行っていました。 その後は家電業界で、住宅換気、加湿器などの設計に携わり、評価も経験してきました。

そして富士テクノソリューションズに入社した現在は、工作機械をメインに、産業機器、家電、遊戯、食品機械などの設計業務と共に、グループ長としてマネジメント業務も担当しています。

 

 

転職前と後で、何か違いはありますか?

仕事をしている実感をすごく感じるようになったことでしょうか。 富士テクノソリューションズでは色々な業種の仕事が経験でき、責任のある仕事も任せていただいているので、仕事がとても充実していると思います。 以前の仕事の時には感じられなかった感覚ですね。

今の仕事の中での目標は何ですか?

グループ長として、グループメンバーと協力し、彼らのモチベーションを高め、それぞれの力を最大限に活かす。 それがメンバーの評価にもつながっていく。 そうしたことのできるリーダーになっていきたいです。 みんなで仕事への意識の統一や、質の向上も目指していきたいですね。

設計の魅力、醍醐味は何ですか?

私が感じている設計の魅力は、自分の携わった物が世の中に出回るという所です。 家電を扱っている時は判りやすかったですね。量販店に並んでいるのを見るのは、いいものです。
もうひとつ魅力を感じている仕事があります。それはマネジメント業務です。 マネジメント業務をするようになって、その難しさ・達成感を通して責任感が養われました。 予定を立て、スケジュール通りに終わるように調整しながら納期に向けて仕事を進めます。 何か問題があれば、メンバーと相談し、意見を聞き、そこで出た意見を一端自分でまとめ、指示を出していく。 紆余曲折しながらでも納期に間に合わせることができた時の達成感は、他では味わえないですね。

役職や年齢、仕事内容などは、2015年現在のものになります。