学校で勉強したことと、入社以来携わってきた業務内容を教えてください

大学では機械工学科で主に物理や数学、力学、製図などを学び、自動車の車室内騒音の解析を研究テーマとしていました。
入社してからは設計チームに所属し、3DCADを用いてのモデリングや図面化を中心とした業務に就き、自動車や金属加工機械、空調装置など、さまざまな取引先メーカの製品に携わりました。
現在はプラント関係の取引先企業に常駐し、3DCADで機器の検討などの設計業務に携わっています。

 

その中でどのような技術力をどのように身につけてきましたか?

大学で学んだ知識を活用するのはもちろんですが、入社してから学ぶことが沢山あり、わからないことは調べたり過去の実績図を見たり、また先輩や上司に質問して技術を学び身につけてきました。 自ら考えて行動することで、より早く知識や技術力が身についていくと実感しています。

自社内での業務と取引先での業務、どのように違いますか?

社内勤務の請負業務では、多くの取引先企業とのやり取りがあり、一つの会社に所属しながらにして、様々なメーカの製品に携わることができるのが大きな特徴ではないかと思います。
取引先企業での常駐勤務では、自分の努力次第で担当の機器をもたせていただく場合もあります。

現場に行って製品を見て、自分で設計したものが実際にモノになる楽しみを実感できるといったチャンスもあります。 どちらもとてもやりがいのある仕事だと思っています。

会社の中での自分の役割についてどう考えていますか?

最近では私が窓口となり、常駐している企業から富士テクノソリューションズ社内の請負部署へ業務を依頼することが増えてきました。取引先企業と富士テクノソリューションズ社内との懸け橋のような存在、そういった役割になれていればと考えます。

またさまざまな立場、勤務先、働き方の社員が集まる懇親会などにも進んで参加し、そういった面からも会社を盛り上げていけたらなと思います。

 

 

 

 

今後目指す方向性や目標などを教えてください

入社6年目となりますが、常に今自分が何をできるのかを考え、多方面より会社を盛り上げていきたいと思います。

役職や年齢、仕事内容などは、2015年現在のものになります。